競馬あれこれ 第13号

波乱が多い函館記念で狙い目の2頭。近走はイマイチも血統的に激走が期待できる

7月17日、函館競馬場で3歳以上馬によるGⅢ函館記念(芝2000m)が行なわれる。

このレースはハンデ戦ということもあり、波乱の結果に終わることが多い。特に2020年は15番人気→13番人気→3番人気の決着で3連単は343万2870円の大波乱。2017年にも3連単91万5320円と、3連単は過去5年で4回、20万円を超える配当となっている。そんなレースを血統的視点で分析していきたい。

 近年、このレースで穴を開けた馬の血統を見ると、昨年の14番人気2着のアイスバブル(父ディープインパクト)、同12番人気3着のバイオスパーク(父オルフェーヴル)、2020年の15番人気1着のアドマイヤジャスタ(父ジャスタウェイ)、同13番人気2着のドゥオーモ(父ディープインパクト)、2019年9番人気2着のマイネルファンロン(父ステイゴールド)と、サンデーサイレンス系クラシックタイプのトップサイアーの産駒が多い。

 今年のレースに出走する同タイプの血統馬から、筆者が推すのはアイスバブル(牡7歳、栗東池江泰寿厩舎)だ。

 前述のように昨年の2着馬だが、そのレース以降は8戦して5着が最高と一度も馬券に絡んでいない。ただ、昨年の函館記念も6戦連続で掲示板を外していた中での出走だっただけに、近走の成績は気にしなくていいタイプだ。前走の巴賞(函館・芝1800m)は勝ち馬から0秒7差の10着と敗れたが、59kgと重い斤量を背負っていたのに加え、時計のかかる馬場状態になっていたのが敗因だった。

 昨年の函館記念は勝ちタイム1分58秒7と、9年ぶりに1分59秒を切る速い時計の決着になったのが好走につながった。そして今年は、昨年より1kg軽いハンデとなる54kgで出走できるのも大きな強みとなる。

 アイスバブルは祖母の兄にGⅠのNHKマイルCやJCダートを勝ったクロフネ、おじおばにGⅡスプリングSマウントロブソン、GⅢクイーンCのミヤマザクラなどがいる血統。ダービー馬ワグネリアンや、秋華賞のアカイトリノムスメなどと同じ「父ディープインパクト×母の父キングカメハメハ」という配合でもあり、血統レベルは相当高い。

また、穴馬券を狙う時は、同じレースの過去の好走馬を狙うのが鉄則のひとつ。2020年3着のバイオスパークも、その後はGⅢ福島記念で勝利した以外は不振だったが、12番人気として迎えた昨年のレースでやはり3着に入った。アイスバブルは良馬場が好走の条件になりそうだが、2年連続の激走に期待したい。

 もう1頭は、非サンデーサイレンス系のキングカメハメハ産駒だが、ランフォザローゼス(セン6歳、美浦蛯名正義厩舎)に注目する。母の父がディープインパクトで、祖母はオークス天皇賞・秋を勝ったエアグルーヴというクラシック血統の良血だ。

 去勢されてセン馬になったように、気性に難がある馬のようで成績は安定しない。それでも、3歳時にはGⅡ青葉賞(東京・芝2400m)で勝ち馬からタイム差なしの2着、GⅠ日本ダービーでも0秒6差の7着に入ったように潜在能力は高い。

 函館記念は2回目の出走。1回目の2020年のレースは55kgを背負って0秒4差の6着と、まずまずの走りを見せていた。前走の巴賞も0秒4差の6着だったが、上がり3Fのタイムはメンバーの中で2番目の35秒0と脚色は目立っていた。今回のハンデが、前走から3kg減の54kgとなるのも好材料だ。

 以上、今年の函館記念ディープインパクト産駒アイスバブルキングカメハメハ産駒ランフォザローゼスの2頭に注目だ。

競馬が好きな方へ